愛人と不倫をして傷つくのは誰?

愛人を作って不倫をするにあたって必ず認識しておかなければならないことがあります。
それは、愛人との不倫は誰かを傷付けることになるということです。
傷つく人は相手の妻かもしれませんし、不倫相手本人かもしれません。
しかし、彼らよりあなた自身が傷つく可能性が一番大きいということを自覚しておく必要はあります。

考えてみてください。
なぜ世の中の男性は愛人を作って不倫をするのでしょうか。
「それは妻以外に好きな人ができたから」そう不倫をする女性は言うでしょう。
では、どうして離婚をしてまで妻以上に好きな相手と結婚しないのでしょうか。
離婚して新しい不倫相手の愛人と結婚すれば、不倫などという世間には認められないような関係に身を潜める必要はないはずです。
二人とも大手を振って付き合うことができるでしょう。

なのにそういう行動を起こさない、いや起こせないのは、夫婦というものが持つさまざまなしがらみのせいなのです。
単に好きとか嫌いといった感情だけではどうしようもないものが結婚という制度にはあり、それを放棄することが難しいと考えるからです。
それは、子供であったり、社会的な信頼であったり、経済的なものであったりいろいろです。
けれども、妻を捨て不倫相手と新しく生活を始める男性もいないことはありません。

しかし多くの場合、最終的に男性は妻の元に戻っていくのです。
結局最後に傷つくのは、不倫をしていた愛人女性というケースがほとんどなのです。
もっと詳しく知りたいならこちら http://www.un-cuarto.org/